ビックアイランドキャンディーズでショ-トブレッド・クッキーを試食

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マサシのネイチャースクールの私達キングスランド滞在中のツアー一行はカウマナケイブとレインボーフォールズを観光した後に、ショ-トブレッド・クッキーで有名なビックアイランド・キャンディーズに向かいます🚙

ガイドのスーさんによると時間に少し余裕が出来ているとのことで、途中カメハメハ大王像のところで降りて写真を撮っていきましょうということになりました(^^♪

スポンサーリンク

カメハメハ大王像

カメハメハ大王像 なんか神々しいですね(*‘∀‘)

カメハメハ大王像が建てられている場所は、ハワイ州内に3ヵ所、アメリカ本土に1ヵ所あるそうです。ここ、ヒロに大王像が建てられたのは1997年となり、ハワイ州にある大王像の中では1番新しい大王像だそう。

初めて拝観させて頂きます。

お決まりのポーズ カメハメハ~ 大王様が苦笑しているかもですが、記念になりました(笑)

ハワイにも3か所もカメハメハ大王像が設置されていること自体が、偉大な大王であった証だと思います。現在は島に住んでいる方々や訪れる人々を守ってくれているようにも感じられました。

こちらは、フラダンスの世界では最も権威あるフラの祭典メリーモナークフェスティバル が開かれるエディス・カナカオレ・スタジアムだそうです。

こちらのエディス・カナカオレ・スタジアムで毎年4月にメリーモナークフェスティバル 開催されるそうです。「メリー・モナーク(陽気な王様)」というのはフラやウクレレなどハワイ文化の復興に貢献したカラカウア王の愛称です。

意外だなと思ってしまうのが、ハワイでのフラをしている人の人口よりも、日本でフラダンスを習っている人の数の方が多いということです。娘の百香も地元西尾市の吉良町でフラダンスを習い始めたばかりですが、それくらい日本でもフラダンスに興味を持たれている方が、多いということですよね(^^♪

ビック・アイランド・キャンディーズ

お楽しみのビック・アイランド・キャンディーズに到着しました。

ショ-トブレッド・クッキーは日本空港の機内でも出てくるほど美味しくて人気の高いクッキーなので、見学工場の入り口がこんなにシンプルにしてある部分も逆に意外でした♪

クッキーの試食

入り口を入っていくとすぐにスタッフさんがショートブレッド・クッキーの試食を差し出してくれて、コナコーヒーまで一緒に頂けます。

やっぱり美味しいし、本当に嬉しいサービスですね(^^♪

工場見学

ガラス越しに工場でクッキーの製造過程を見学することが出来ますよ。

人の口に入る食品なので、衛生環境がとっても大切です。

様々な種類のクッキーやチョコレート達

ハワイらしくカラフルな包装も多いのが特徴です☆

店内はクッキー以外にも海の様子を表したディスプレイが目を引きますよ(*‘∀‘)

自分がこんな場所だとは知らなかったこともあり、とても楽しい時間でした♬

商品を見たり、選んだりしている最中も、試食のクッキーを配ってくれています。もし気になるクッキーがあった場合は店員さんにその事を伝えあげたら、すぐに試食をさせてもらえますよ。

ちなみに我が家ではしんぷるなココナッツのショートブレッド・クッキーが家族の1番人気です(^^♪

お土産のクッキーの方も購入させて頂きました。

ビック・アイランド・キャンディーズでの買い物も済み、集合時間に集まるとスーさんがマンゴーアイスをツアー参加の皆さんに配ってくれました☆

百香はフルーツのアイスはほとんど食べようとはしないので、こんな表情になってしまいますが、マンゴーアイス美味しかったですよ(^^♪

1度はぜひ立ち寄ってみたいと思っていたビック・アイランド・キャンディーズに来ることが出来て本当に良かったです。次回はもっとも行って見たかった場所世界遺産のキラウエア火山に行きます!(^^)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク