ANAファーストクラスで頂ける機内食|羽田→シカゴ線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーストクラスで頂く機内食を初体験しました♪

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク |KRUG

パパは娘の食事が済んだあとに機内食を頂きました🍴 ウェルカムドリンクには
あの有名な「KRUG」も頂けます♪

私自身はお酒はほとんど飲まないので、普段シャンパンも嗜まないのですが、せっかくCAさんにお勧め頂いたので、1杯目だけ「KRUG」を頂いてみました。

シャンパンの違いの分かる男ではないのですが、それでも最高峰のシャンパンと言われる芳香を感じました(*^▽^*)

アミューズ

アミューズには鴨のコンフィジュレにトリュフ風味のヴィネグレットが登場してくれました(^^♪
食べるのがもったいないくらい美しいです✨

アペタイザー

アペタイザーには、信州サーモンのタルタル塩レモンと宮崎キャビアが出ました。宮崎キャビアを1人一缶まるごと頂けるんですね。今までは食べたことももちろんなかったのでどんなものかを勉強させて頂けました。プチプチしていてもちろん美味しかったです。

キャビア丼も伝えたら作って頂けそうです。
信州サーモンに乗せたり、パンに乗せていただきましたよ(^^ゞ

飛行機の中でこんなご馳走がいただけるのですから、ファーストクラスの世界は特別なんですね。この時間のテンションは上がりますが、普段の日常の生活もしみついていますんで、たまたま今は神様にプレゼンさせてもらっているんだなと納得をしていました。

ガーデンサラダに

コーンスープ

メインディッシュ

メインディッシュは「黒毛和牛のフィレ肉のグリル」を美味しくいただきました♬ 空の上にいるとは思えないおもてなしです ヾ(o´∀`o)ノ

夕食後は自由な時間を過ごしています

ANA国際線ファーストクラスはセパレートで仕切られている為、ビジネスやご夫婦での旅行や、一人旅の方であれば言うことは何もありません✨ なので子供連れであれば大きくなってからの方が良いのではと、搭乗させていただくまでは、実は頭の片隅に思っていました(=゚ω゚)ノ

では未就学児の家族連れであればどうしたら良いのか。
頭部の横部分がオープンになるよう開閉出来たら、尚良いのにと自分の中では思いました。ANA機内配置を考える際の改善点にあげられるのではないでしょうか。

席幅も大人と子供であれば二人で添い寝できる位あるので、ももかのところへ時々行ったり来たりさせてもらえました(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク