【世界遺産】万座毛の景色と夕日に感動しました♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

17時前にオリオンハッピーパークの工場見学を終えられたので、ヒルトン那覇首里城に帰る途中に、万座毛へ寄っていくことにしました🚙

スポンサーリンク

オリオンハッピーパークから万座毛までのルート地図

国道58号線を海岸沿いに南下していくだけです。沖縄の海岸の景色を見ながら30分くらいのドライブには最適だと思いました。

万座毛に到着~


万座毛は無料の駐車場も完備されています。夕方に行くとお土産などを売っているお店もほとんど閉まってしまいます。夕方から訪れる人も多いのになんでだろうとまだ謎です。

ゾウの鼻に似た奇岩も見えてきました♪

海もきれいでした。 歩いて進むと水平線が見えてきます。時間と共に陰っていく太陽が眩しかったです。風も心地よく、歩くのが楽しく感じられましたよ。

日本人だけでなく、中国人、ベトナム人、韓国人の観光客の方々も多かったです。セルフィーだけでなく、お互いに写真を撮ってもらう光景があちこちで見られます。

万座毛の名の由来は、 1726年(尚敬一四)に時の琉球国王尚敬王が国頭巡視の途中に恩納を訪れ、 「万人を座しめるに足る毛」と称えたことから始まっているそう。 村人が臼太鼓でクンシイ毛を披露し、盛大に歓迎され、感動した王がその絶景を「万人を座らせるに足りる」と称賛したことから、万座毛と呼ばれるようになったようです。

参照: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

「毛」は沖縄のことばで、はらっぱを意味するんですね!

訪れた外国人の観光客の方に撮影してもらいました♪

万座毛周辺は奇岩も所々あり、夕方はそよ風に触れることができる場所なので、気持ちもほぐされますよ。

まとめ

万座毛は恩納村にある沖縄を代表する景観です。断崖上の高麗芝の平担地で、青い大海原との調和が美しかったです。

沖縄を訪れた際には、万座毛の素敵な景観を見て感動することができますので、ぜひ訪れてみてくださいね(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク