ノスタルジックな台湾台北の九份老街を観光してきました♬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月29日(日)雨時々曇り kkdayのバスツアーでランタン上げで有名な十份を観光した後は、ツアーのハイライトとなる九份にやってきましたよ(^^♪

スポンサーリンク

十份から九份まで移動

十份老街から九份までまたツアーのバスで移動していきます🚌グーグルマップで確かめると23.7kmで約35分くらいかかる距離です(^^♪

こうやってkkdayのバスツアーで野柳 (イエリョウ) 地質公園 ➡十份老街 ➡九份と順調にバスツアーで周ってくると分かりますが、ダイレクトに目的地に移動することが出来るので、非常に効率良く観光をすることが出来ます☆

待ち時間と確認を要する公共交通機関とは違い、移動時間が短縮される点も利点だと思います(^^♪ 雨の場合目的地のすぐそばまで送ってくれる点も助かりますね(*‘∀‘)

九份に到着

九份の場所は、台北市から30kmほど北東に離れた新北市瑞芳区の山間部にある 海沿いの比較的小さな町です。

海沿いの景色を眺めると所々に霧がかかり、山がくっきり見える時と霧で遠くの山が全く見えなくなる時間もあり、景色を堪能させてくれます♪

ツアーのお客さんが一人も迷子になったりしないように、 再集合時間と場所の連絡をしてくれています。 ガイドのアレックスさんも大活躍です♪

上の写真にある左下の屋根のある建物が九份老街観光後の集合場所となります。

ツアーバスをこちらで降りて基山街に入っていきますよ。10年前に九份に来た時と比べて観光客の人数もかなり増えているように思えます。雨にも関わらず次から次へと観光客の方達が増えていました。

日本統治時代の九份の歴史

昔日本が台湾を統治していた時代(1895〜1945年) 九份一帯 は金鉱山として栄えていた歴史があります。

1917年には九份の金の産出量は最高となり、東アジア一の金鉱山として栄えて、ゴールドラッシュで数万人の人々が移り住んだそうです。学校に映画館、商店や酒楼が次々とできて、その繁栄ぶりは「小香港」(リトルホンコン)と呼ばれることもあったそう。

現在の九份は、中国の街並みと日本統治時代の雰囲気をあわせ持つ独特の街並みが魅力となっています✨

台湾の九份の楽しみ方

ツアーバスの中で頂いた九份老街のMAPです。

千と千尋の神隠しの世界観を味わえる九份はどのような楽しみ方をするのがおすすめなのでしょうか。映画のロケ地として使用されるほど独特の雰囲気の町ですので、様々な楽しみ方がありそうですね。

九份は19世紀末に金の採掘が開始されたことにより発展しましたが、1971年には金鉱が閉山したことをきっかけに急速に衰退したそうです。

1989年に制作された台湾映画「非情城市」のロケ地として使用されたことから一躍脚光を浴び、九份ブームが訪れます。そのブームに乗っかる形で観光産業に力を入れた九份は、今や台湾を代表する観光地として有名になっています。

日本でも2001年に公開されたジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街なのではと話題になり、日本でも一躍知名度が高まりました。18年経った現在でも映画ファンのみならず世界中から多くの観光客を集めています。

九份の街を散策する

九份の楽しみ方として一番ポピュラーなのは、徒歩での町の散策です。九份の街はとにかくレトロな雰囲気で見ているだけでも楽しいんです!階段がとても多いので、歩きやすい靴をおすすめします。 また、お昼の九份ももちろん良いのですが、おすすめはだんだんと日が暮れてくる時間帯。町中にある赤いちょうちんに灯がともって、かなりノスタルジックな雰囲気になります。街を見渡せる高台に上って街を見下ろすのも素敵ですよ。

基山街

千と千尋の神隠しの舞台と言われている九份の見所をご紹介します。 まずは、九份観光の入り口でもある基山街です。基山街は、九份に到着してすぐ現れる九份のメインストリートです。

ちいさな飲食店やカラフルな雑貨を並べたお土産屋さんなど、昼も夜も人がいっぱいでにぎわっているので、見ているだけでもわくわくするような通りになっています。 特に人気があるキャラクターは顔ナシだと思います。ここ九份でも顔ナシのグッズは色々なお店で売られているんです♪

百香もトトロや顔なしなどジブリグッズを楽しそうに見つけていきました👧

フォトジェニックスポットの豎崎路で記念撮影

九份に来たらはずせないのが記念撮影!インスタ映えするフォトジェニックスポットの豎崎路です(^^♪

賢崎路の石の階段にそってレトロな雰囲気の赤いちょうちんが並びます。 この雰囲気を感じると、千と千尋の神隠しの舞台がふっと現れた感じです♪まさにジブリの世界に飛び込んだような気分になれますよ。

豎崎路の急階段の両側には茶藝館が立ち並んでいて、店の軒先に並ぶ赤い提灯が叙情的な風景を見せてくれます。夕方以降は提灯に灯がともり、更に美しさと九份らしさを感じられるスポットになりますよ!

台湾グルメを楽しむ

台湾と言えばグルメ!もちろん、九份でもおいしい台湾料理を味わうことができます。 同じ台湾料理でも台北の町中で食べる料理とは一味も二味も違った味わいを感じることができるかもしれませんね。

奥の席に行くとこのようなパノラマが広がっている景色が見られるので、こちらで簡単な食事を頂きました(^^♪

霧が立ち込めている時もありますが、霧が取れると幻想的な景色ですよね(*‘∀‘)

シンプルですが、煮卵に味付けた鶏肉を乗っけた飯も美味しかったです☆

九份で頂く小籠包も良かったですよ♬

百香も景色を眺めながら美味しく頂きました👧

台湾九份のグルメ 頼阿婆芋圓のタロイモ団子を頂きます♪

kkdayガイドのアレックスさんにもオススメされていた「芋圓」の老舗店、「頼阿婆芋圓」は九份老街にありますよ(^^♪

九份と言えば茶芸館が有名で、九份で台湾茶を味わいたいという人も多いかと思いますが、九份はタロ芋やサツマイモを使った団子「芋圓」という台湾スイーツが有名な場所でもあります。

こちらの明るい奥さんが美味しい「芋圓」を出してくれます♬

九份には数多くの芋圓のお店があるのですが、中でも人気1位、2位を争うのがこちらの頼阿婆芋圓のタロイモ団子です。 団子の上には小豆をトッピングしていて、ぜんざいのようなイメージのスイーツです。あたたかいものと冷たいものが選べます。私達は冷たいものを選びました。団子が出来立ててまだ温かいので美味しく頂けますよ♪ 甘さは控えめなところもちょうど良いです(^^♪

基山街を歩く人たちを見ながら芋圓を美味しく頂きました♬

頼阿婆芋圓のお店の中は満員です。 タロイモ団子は大人気ですね!

陶笛の音色に癒されます

通りを歩いていると階段下にふっとトトロが眼に入りました。よく見るとオカリナのお店のようですね!入ってみましょう(^^♪

九份のメインストリートの中には3軒ものオカリナのお店があるそうですよ。

トトロのオカリナなどは芸術品にも見えてしまいます。飾られているだけでも癒されますね♬

娘も好きなちびまる子ちゃんのオカリナまでありました♪

オカリナできれいな演奏を聴かせてくれたお店のお姉さんと一緒に、記念写真に入ってもらいました(^^♪

百香もオカリナを気に入っていたので、ミニーちゃんのオカリナを購入しました👧

オカリナと一緒に楽譜もついているので、練習がしやすくなります。

お店同士が隙間なく詰まっているところも九份の魅力だと思います(^^♪

10年前と比べて九份の観光客の数は更に増えていると思います。雨にもかかわらず人の行列が途絶えずに賑わっていました。

ジブリの映画 「千と千尋の神隠し」 でモデルになった街と言われている、ノスタルジックな台湾台北の九份老街を観光できて満足のいく街歩きでした♬

懐かしさも漂わせている映画に出てきそうな台湾の街、九份はお店の人達と観光する人たちの営みが魅力になっているんだと思います。

kkdayツアーの集合時間も迫ってきたので集合場所に集まります。この後九份から台北駅に戻り無事に解散となりました。

kkdayのバスツアーで野柳 (イエリョウ) 地質公園 ➡十份老街 ➡九份と1日観光で巡ってきました。ガイドのアレックスさんのサポートがとても安心できて楽しめる要素が満載でした☆

再度台湾を旅行する際にはまたこちらのツアーを申し込みたいと思うほどです。本当に楽しい時間をありがとうございました(*^▽^*)

今回のブログは九份の観光した場所をご紹介してみました!ご紹介したとおり、昼も夜もとにかく街並みが素敵なところなので、時間を取ってぜひゆっくり訪問してみてくださいね(^^♪雑貨店や飲茶など、いろんなお店に行くのも楽しいですよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク