台湾台北の十份でランタン上げと老街を観光してきました♬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月29日(日)雨時々曇り kkdayのバスツアーで野柳 (イエリョウ) 地質公園 の観光した後は、ランタン上げで有名な十份にもやってきました(^^♪

スポンサーリンク

野柳 (イエリョウ) 地質公園 から十份まで移動

野柳 (イエリョウ) 地質公園 から十份老街までツアーのバスで移動していきます🚌グーグルマップで確かめると31kmで約42分くらいかかる距離です。

バス内では、ガイドのアレックスさんが十份老街で美味しく食べられるチキンを注文される方の人数を確認してくれています。

30分後には十份の案内も見えてきましたよ(^^♪

バスを降りた辺りから空を見上げるとまだ小さくしか見えていませんが、ランタンらしきものが上がっているのが確認できます♪

ランタン(天燈)とは?

ランタンとは熱気球のようなもので、竹細工と紙でできたバルーン(ランタン)の中で火を燃やして、中の空気を温めて飛ばすというシンプルなものです。

ランタン上げの由来は諸説ありますが、この周辺の村は昔盗賊の襲撃にたびたび遭遇していて、村が盗賊に襲われた際のSOSであったり、周辺の村人へ無事を知らせるためにランタンをあげ始めたことが由来とされているようです。

ランタン上げ

線路の中に傘を持った人がたくさん入っています(; ・`д・´) 日本では到底考えられない景色です。

雨でもランタンは上げられるんですね!

台湾台北旅行十份のランタン上げ

線路からあちこちでランタンが上がっています♪願い事を書いたランタンが上がっていく光景は幻想的にも見えますね☆

十份老街を観光

十份老街に着いたら、トイレ休憩も兼ねていきます。

顔なしのボールペンなんかも売られています。さすが台湾では「千と千尋の神隠し」のグッズもいまだに人気が健在のようです☆

バスで注文していたチキンを頂きました🍗

甘辛とピリ辛の選択も出来て美味しかったです。我が家では百香は甘辛で、パパとママはピリ辛を注文しておきました🍗

チキンを食べていくと中はちまきのようになっています。味もしみ込んでいて超美味しかったです(*‘∀‘)

ガイドさんのおかげで観光地の美味しいものや、特徴をいち早く知ることが出来ることもツアーの良さですよね!

ランタン上げの手順

十份老街ではランタン上げをさせてくれるお店がいくつもあります。こちらは願い事をランタンに書いているところです♪

お店の方は海外からのお客さんの対応に慣れているので、どこの店員さんもだいたい簡単な日本語や英語、韓国語などを話すことができるんです(^^♪

もし日本語が分からない店員さんだった場合でも、日本語が分かる他の店員さんを連れてきてくれます。日本語が通じるというのも安心ポイントですよね☆

お店の方が記念撮影してくれる丁寧なサービスも受けています(^^♪

熱気球と同じ原理で空に上がっていきますよ。

ランタンを膨らませる前、こんな山積みになって準備されています(笑)

願い事に合わせてランタンの色が選べます

4色のランタンはNT$200(約720円)です。

赤:健康に関わることや安全祈願

黄:金運

青:仕事運や事業について

紫:学業運や試験の合格祈願

白:事業の成功や運気アップなど将来の発展について

オレンジ:愛情運や結婚運

緑:病気治癒やダイエットの成功など明るい未来について

濃ピンク:友情や人との出会い、良縁祈願

薄ピンク:日々の喜びや幸福祈願

「願い事がたくさんありすぎて1色に絞り込めないよ」という方でも安心です。ランタンの4面それぞれに色をミックスした4色のランタンがあります。

健康も仕事も恋愛も金運も、全部まとめてお願いすることができますよ。贅沢なお願い事になりますよね☆

もちろん、願い事はひとつで充分という方は1色だけのランタンを選べばOKです。

値段はそれぞれ、1色ランタンが150元(約540円)4色ランタンが200元(約720円)です。

ランタンあげの注意点

この十份のランタン上げは多くの観光客と店員さんが入り混じる線路ですが、実は政府によって「線路内立ち入り禁止」と罰則が定められているようです。

ただ、線路内でのランタンあげはもはや公然のものとなっているため実際に処罰されることは多分ありませんが、電車が通過する際には必ず線路から離れましょう。

また、線路上を歩く際は足元が不安定になるため、ヒールなどの靴は避けた方がベストです。 人も多く混雑しているので、線路上で転んだりして怪我をしないよう注意が必要です。

電車が通る瞬間

上下線ともに1時間に1本程度の間隔で走る平溪線のディーゼル電車。電車が通る時間になると、線路から下がるよう指示が入ります。

この目の前を走る電車を撮影しようと、たくさんの人がスマホを片手に線路のそばに押し寄せてきます。

ただし、あまり近寄りすぎると大事故になりかねないので、安全に注意しながら撮影しましょう。

電車が通り過ぎて30秒もすると、またランタン上げをする人たちが何事もなかったように線路に入り行っていく光景も、不思議ではありますが、なぜかここでは普通のように感じました。

十份老街を散策

台湾らしい雑貨や小物のお土産を買うことの出来るお店もあります。

老街を歩いていくと海老やイカを揚げたものを売るお店も出てきて、味見もさせてくれます。確かに美味しい(^^♪揚げ物がポピュラーのようですね♬

カメラを向けると愛想よくお兄さんがピースまでしてくれます(^^♪

十份で十分にランタン上げと老街の観光もした後には、いよいよツアー最終の目的地の九份に向かいますよ(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク